SMAPと出逢い、共に過ごした15年。そして今、Hey!Say!JUMPと出逢えたこの奇跡。全ての出逢いに感謝して彼らを応援して行きます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな幸せ
メール打って、画面を閉じると

侑李くんの凛々しい真顔が現れて

ドキッ


メール打とうと、また開くと

またドキッ



昨日からその繰り返し(笑)



私、

男っぽい侑李くんが好きだったんだぁ

何で今まで気付かなかったんだ



そういえば、セブンコンで

オトナっぽく成長した侑李くんに惹かれて

ファンになったんだ



おでこの前髪を分けると

きりっとした

真剣なまなざしがそこにあり

2~3年前とは違う

少年から

青年に変わりゆく姿に

ドキュンとする


自分の息子でもない

ひと様の息子さんなのに

今まさに

大人の男性へと

変貌してゆく姿を

リアルタイムで

見守って行ける



そんな小さな幸せに浸ってます


スポンサーサイト

携帯の待ち受け
寝る前に、チラッとJUMPのライブDVD見ようと思って

レコーダー再生してたら

やめられなくなった


テレビをつけてないときも

いつも見ていたいから

携帯でお気に入りのショットを撮影


中でも黒のスタッフTシャツを着た

リハーサル中の侑李くんが

最高に素敵です


本人は寝起きでボサボサの髪で

カッコ悪いと言ってたけど

テレビでは見せない真剣な表情が

すっごく男らしくて

めちゃくちゃカッコいいの


ステージに上がると一転、

カワイイ笑顔を作って

ファンサービスに徹する侑李くん

そのプロ意識に感動


今日から携帯の待ち受けは

リハ中の素のまんまの

男っぽい侑李くんの画像に変えました



SMAPコン 大阪最終日レポ
スマ友のレモちゃんより

スマコン大阪最終日のレポが届きました!

と~っても詳しくて

スマ愛に溢れてるレポです

SMAPに関心ない方も

良かったら読んで見てくださいね


↓以下、レモちゃんレポです。


とってもとっても
最高に面白かった
大阪最終日。
拓哉中心だけど
レポしました~!

9月5日最終日の大阪ライブレポ

・オープニング~This Is Love~Swing
やたらリアクションがはっきりしている大阪。
とってもこの空気が好きです。
お顔はやはり少し痩せた?
~be all right!
で、声を張り上げ煽る!
~みんなに舞い降りる♪
もうお決まり。

~ルーレットが回れば~♪で人差し指クルクル(^^)

挨拶
拓哉:Hey! Everybody!
今日は最後の最後まで
思いっきり一緒に遊ぼうぜ!
(うちわみたいに舌をべーって出してウインクしてました!右手は親指と小指を立ててポーズ!めちゃくちゃ可愛い!)

吾郎:お待たせ~!最後まで一緒に踊りましょう!

剛:みんな元気~?大阪最後だよ~!一緒に盛り上がろうね!

慎吾:イェーイ!大阪~!愛してます!

中居:こんにちは~!
こんにちは~!
お世話になってます!
SMAPで~す!


・Shake!
~今宵のライブも~
気持ちが良さそうだ~
夜はこれから~♪

『アレッ?』
綺麗にストンと飛び降り。
・がんばりましょう
二刀流で登場する時と、後ろ手に闘うところ…決まってます!

・Dear Woman
ちょっと真顔のアップになって関西弁のイントネーション『ありがとう!』
(笑)

・僕の素晴らしい…
~いつものstep♪
のところで右手の指でトコトコ~ってするだけなんだけど妙に好き。
いつも見逃さないようにしてる。
キュッ!と抱き寄せるところもね!

・セロリ
なぜか暑いのに剛だけはポンチョの下に青ジャケットを着たまま。
脚屈伸運動~突き出すお尻が可愛い!

・帰ってきた…
天使のダンスいつ見ても超可愛い!
頭に付けた羽根が前にきててワンコみたい。(逆かな?)
~こわい神様が~♪
慎吾と睨みをきかせる。
この日は首を縦に振って何かブツブツ…。(笑)

・バンバカ
サンバダンサーさんとお尻フリフリダンス。
慎吾の姿が見えないが、MCでその真相が明らかに!(笑)

箱に入る時は口をぷにゅっ!として、古代君風敬礼。そして今日は、三塁側から登場。
~それがアホのバカンス♪~うちに着くまで元気なアホゥでいい~♪
4日間大阪バージョンでした!

ピースはオネランバージョン。(裏ピースを顎のあたり)…律儀だわ。

・花
~争うこともしないで♪~のところで、羽根扇子のダンサーさんに囲まれて、手を腰にあててポーズ。可愛い!

・MC
拓哉:いい感じになってきたでしょうか?(イエ~イ!)
あったまってきたでしょうか?(イエ~イ!)
アリーナ!(キャー!)
スタンド!(キャー!)
(腕をグルグル回して)Everybody!(ギャー!)
バンド!(ジャ~~~~~~ン!)Everybody!~~
(脚を広げるジャンプで〆)かなりいい感じ…
ステージ!

メンバー:よっしゃー!いくでー!イェ~イ!

吾郎:めっちゃいくやでー!いくさかい!(笑)

拓哉:いくさかい!?
そのテンションでいく?
アリーナもスタンドも一番上も…(キャー!!)
(それに比べて)あんたらステージの人間、何しとんのや!?
(めっちゃ関西弁上手!こわい位凄んでます!笑)
あんたらがテンション低くてどないすんのや!?
お~?!
(ヤバイとビビるメンバー…笑)

剛:木村くん、テンション?このパターン初めてだね。

拓哉:大阪最後のステージ、もっと気持ち入れんかい!コラッ!!(目を見開いて凄んでます。)

剛:ハ、ハイ!がんばろうよSMAP!

拓哉:(お控えなさってみたいな姿勢でこっちに向いて)みなさん、こんなステージで申し訳ありません!!
(…と言ったあと、崩れるように床に倒れ込む)

(小芝居済んで、ホッとしたのね。疲れもピークかな?力入れすぎだよ~!)


(またすぐ起き上がりました。…良かった!)

(ステージ向かって右手からカメラが低いアングルで撮ってるのに向けて)
吾郎:(お尻をフリフリ!)(笑)
剛:コマネチ!肘コマネチ!(コマネチポーズをしてふざける)
(笑)


吾郎:四日目だね。
剛:最終日だね。
今年の吾郎さんは踊りいいね!踊り凄いキレてるよね。
吾郎:ほんとにそう思ってる?剛も日焼けして精悍な感じいいね。


剛:ありがとう!吾郎さん!(…と言って吾郎に抱きつく)(笑)

慎吾:なんか変だね、テンション。

剛:最終日だから…

吾郎:普通ですから…

剛:木村くんも…ありがとう!!(…といって拓哉に抱きつく。)(笑)
(…すぐに慎吾?に頭をペシッと叩かれる)

慎吾:あー木村くんの顔見てみろよ!

拓哉:へ?ハイ?
(キョトンとした顔)

剛:さっきと別人?
(笑)
ありがとう!!(スキをみてまた拓哉に抱きつく。)爆笑


拓哉:(抱きつかれてもキョトンとして)えっ?

中居:木村くんに何を求めてる?

剛:ありがとう!!(中居くんに抱きつこうとして、逃げられて失敗。)(笑)


拓哉:ナイスナイス!
ただでさえ潔癖症なのに、そんな汗だらけで抱きつかれたら…。

中居:好きな子でも無理。
(え~~!?)
(剛に向かって)空回りしてませんか?


剛:してますか?
(……会場……)この空気はコンサート始まって以来です。
…昨日皆さん、どうしてた?

拓哉:何もなかったように次の話に行ってもいいか?
剛:いいよね?次行って?(客席~いいよ!~)

吾郎:(剛の顔の汗をハンカチで拭く)

剛:吾郎さんのマイハンカチ!

吾郎:We are SMAP!
(広げて見せるグッズハンカチ)
剛:ハンカチ持ってステージやってんだ。

吾郎:昨日?ご飯食べに行きました。
木村くんと。

慎吾:僕はスマステーション!みんな観てくれた?(イエ~イ!)
SMAPも一発屋にならないようにがんばります!
(笑)

吾郎:剛は?
剛:僕はホテルでスマステーション観てた。

慎吾:観てたの?
前だったら遊びに来てくれたのに。

剛:行こうかと思ったけど、トータスマツオ、トータスマツモ…

拓哉:ゆっくりでも言えてねー!(笑)

剛:おかしなことになっちゃうかな?って。カッチリ決まってたから。

慎吾:今までもおかしなことになってたよ!(笑)

剛:今まで勝手に行くことあるけど、空気読んで…


拓哉:そんなとこで空気読めるなら、ここでも空気読め!

(客席~ガンバレ!ガンバレ!の声)

剛:ヤバイ!
トークの矛先が僕?
空気が読めない人の気持ちがわかってきた。

慎吾:今更?(笑)

剛:2年間も楽しみにしてたお客さんもいるのに、
僕が変なことしたら変になっちゃうよ。
ざま~みろ~!!
(…調子乗りすぎ!)
(客席えぇ~?!)

えっ?
…2分黙ります。

…え~それでどした?
(…すぐ喋ってるんじゃん!)


拓哉:(驚いて)凄いなおまえ。
2分って自分で言ったよな。
中居:2秒でいいだろ。

剛:もう立ち直った!
や~気持ちいいなあ!
大阪最高だよ。
大阪温かいですね。
他の場所だと、ずっと失笑とかだよ。
どんどん僕前へ出てきちゃう!
HEY HEY おおきに毎度あり。
(剛だけ前に残し、4人が徐々に後ろへ下がる…)
(うだうだと喋っていたら、一人ってことに気付いて)あの~ちょっと!
SMAPいい?
最後だから一緒に話そうよ!


中居:う~~我慢できない!俺、司会やらせて!!
(イエ~イ!)
堪えられないの。
あまりにも。
どこか間違えてる。
なんとかやってみようか?
SMAPラーイブ、イン、大阪ドーム!!
(わぁ~懐かしい!)
よし!ちゃんとしないと。
オープニングから痩せたよ。(笑)
で、食事行かないの?


剛:ホテルで…。

慎吾:今回つよぽん一回も食事来ない。
変わったみたい。
(笑)

吾郎:2年前はいつも食事リーダーだったのに。

中居:2年前のライブと今回のライブ、何が違うの?
(剛がアップで映る。)
(笑)

慎吾:前はつよぽんと朝までだいたい…(と、ビールジョッキを持って飲んでるジェスチャー)(笑)
今回一度も…(もう一度ジェスチャー)
(笑)

剛:いいとも行くと疲れちゃうから。今日はないけど。(笑)
朝6時に起きて、ちょうどよくて。

中居:木村くんも寂しがってると思うよ。

拓哉:(またキョトン顔でちらっと見てる)

剛:せっかくだもんね。ライブで。

慎吾:えっ?でももう東京だよ!明日行こうかな、みたいだけど、明日いないよ!(笑)

吾郎:前、東京でも行ってたよね?

剛:是非、東京。
(拓哉の方を見る)

拓哉:えっ?
なんでどこか?
俺?予約すんの?

剛:焼肉屋とか。
木曽路とか。

慎吾:適当に言わないで!(笑)

剛:焼肉よくない?

拓哉:こいつ、今日自由人!(笑いころげる)

中居:飲んでない?

剛:まさか!飲んでないよ!

中居:(吾郎に)木村と行ったの?

吾郎:木村くんとお寿司やさんに行きました。
スタッフの方も。

中居:どんな話するの?

吾郎:スタッフのプライベートなこととか。

拓哉:吾郎のソロの
ワン、トゥー、スリーのところ。
ワン(人差し指)
トゥー(中指)
スリー(薬指)
ってするより、
ワン(人差し指)
トゥー(中指)
スリー(親指)
ってする方がスムースだろ(手を出してやって見せてくれた!)って。
そしたら、吾郎が
123、123…って。
(指で数える練習)
(笑)
お寿司やの大将がいつお寿司を出していいか、困ってた。
(笑)

吾郎:(今まで)出しにくかったけど、今日から
123って(親指を使う)!
お寿司やさんで木村くんに言われたから!!
(自慢げに嬉しそうに。)

中居:(剛を見て)反省の時間です!(笑)

拓哉:さっきバンバカで凄いサンバの人達来てて、
俺歌って、吾郎…次、慎吾?
慎吾がいねーの。
そしたらウチボン?でサンバのお姉さんが踊ってる中で…(しゃがんで手を床に着いた姿勢で上目遣いで周りを眺める慎吾の様子!)((客席~えぇ~!!!)

ひとりでずりーよ!!
(爆)

中居:俺、度入りの眼鏡していくよ!!
(笑)

拓哉:本気だろ?(笑)

慎吾:そうじゃない。こうだよ!(四つん這いになって白目をむく…爆)

拓哉:膝ついてるか、ついてないかじゃん!

慎吾:こう(四つん這い)してたら、横のサンバのお姉さんがお尻で…(両側からポヨンポヨン~と、お尻で顔を挟まれる…爆)
ちょっと!勘弁してよ~!(あはは…爆笑)

コンサート最高!!
(笑)

(舞台の奥へ歩きはじめる)…次の曲の準備ね。)

吾郎:俺とか剛がやったらヤバイよね。
顔つきがマジっぽい?
気持ち悪い?

中居:木村、大丈夫だね。

拓哉:剛はサンバのお姉さんにありがとうって抱きしめやった?

剛:…やってないけど…
…ありがとうは………

中居:変な間を作るな!
どうすりゃいんだよ!

拓哉:今日は(中居くんに)ちゃんとお礼言わなきゃ!
剛:(中居くんに)今日はほんとゴメン。ありがとうっ!!!
(中居くんに突然抱きついて脚を絡ませる…きゃー!大爆笑)

拓哉:脚を巻き付けるな!(笑い転げながら)
では、We are SMAPで
Funky Lude♪

(3人が歌ってる横でついに押し倒される中居くん!曲の間中、まるでレスリングの押さえ込み!~あはは…爆笑!!)
(2人をほったらかしで退場する3人…)


中居:(やっと抱きつきから離れて立ち上がり)
コラッ!!
曲終わってるし!
人気者の3人いなくなっちゃったよ。もぉ~!
(笑)

剛:感謝の気持ちがでちゃって。
(笑)

中居:次、中居くんの曲なんだよ!(やっと退場。)
あ、慎吾が待ってくれてた。

剛:(カメラ越しに)すみません!ごめんなさい!

慎吾:(一人で『We are SMAP』を飲んで…)

つよぽんがありがとう抱きつきを僕にだけやってくれなかった。

(後の『短い髪』で抱きしめ、貰ってましたよ!慎吾も背中から抱きしめたりして…嬉しそうな二人でしたよ。)


長いMC終了。
わちゃわちゃSMAP全開でした!


・中居ソロ
一日目は転んでしまったけど、二日目からは完璧!
回を重ねるごとに力強くいい感じです。
最後に出てくる子供達もハンパないです。自分の出番の前に、下で中居くんと同じMichaelのダンスを完璧にコピーしています。

・吾郎ソロ
123のところ、微笑みながら親指使ってます。(笑)

・グラマラス~そっきゅっ~Trust~ダイナマイト~ガイヤ…
この時の赤い衣裳、一番好きです。グラマラスで歌うところは少ないけどダンスがヒラヒラしていて可愛い。
そっきゅっはソロ部分カットだし。でもTrustの前に上着を脱いだら、必ず背中に赤いハート型の天使の羽根があります。素敵過ぎ!
・5respect
札幌では左腕がノースリーブだったのに、福岡からしっかり半袖がついてる!
綺麗な上腕二頭筋が堪らないのにな…。
身体を撫でるようなダンスはセクシー。もっと踊って欲しい。
ムーンWalkで決まり!
剛はバック転。
慎吾は四つん這い。
中居くんはゴロゴロと寝ているだけ。

・FEEL IT~Bounce Lude
好きな曲だけど、声が聞こえて来ない曲。ダンスは両手を擦り合わせるようなところが可愛い。5人並んで片足を後ろへ上げてポンと叩くとこも好き。
終わりにダンサーさんと記念写真。右手、右足を上げてニッコリポーズ。

・ひなげし~Cry…~らいは
三塁側から登場。声良く出てて素敵。後ずさりでメインへ。
車の後ろへピョンと座って帽子を取り髪をくしゅくしゅってして左耳に髪をかける。…この一連の動きが大好き。
らいはで赤いマイクスタンドを下からツゥ~っと撫でるところ…好き。

・Magic Time~オレンジ~LOVE…
中居くんの帽子がない!
MTこれもまた拓哉のサビソロ部分がカット…。
~寝転んだね♪
今までで一番決まった~!って思いました。お顔も綺麗で。
~ダメなんだ~♪
フェイク良いです。

・君のままで…
ほんとにほんとに綺麗で、ちょと痩せて色っぽくてシャープで。コートの脱ぎ方は堪んないです。
ウットリと見惚れてました。
Zippoを点けて煙草を吸う…素敵。このダンスは最初から有りましたか?
ダンスの位置も変わったかな?
青あざになった膝ダンスも名古屋からしてない?ですよね?

・SMAPの…
一塁側リフターで登場。三日目だけは三塁側だった。
以前のような危ないのけ反りなどはなし。
可愛く乗ってる!(笑)
降りる時に早めに出て、リフターの軸を綱渡りみたいに歩いてる。
・Going Over~10$~青イナ~レリビ
GO~ちょうどいいぜ♪
親指出して左口角を上げてニッコリ!(…そんな絵…笑)
セグウェイも危ない乗り方はしないのね。
10$~それ以上は、Bang!!♪獲物を撃ち落とすような感じ。…見事に撃ち落とされる私達。(笑)
続けて、青イナで上着のファスナーを途中まで下げて、ノースリーブの肩が丸出し!!
煽る煽る!焦らす焦らす!キャー!素敵!!
3日目は中居くんと背中合わせだったけど、とにかくこの曲のこの時、短い方の一塁側に4人ごちゃごちゃしているの。
(セグウェイの片付けがこの位置なのかな?)
三塁側には…と見ると剛がリフターに乗ってる。
上着を脱ぎすて、中央でレリビ。ギタリストの方と背中合わせでエアギター。
内股(細い脚)で歌い、蹴り上げながら歌いまくる!熱くてセクシーで汗が飛び散る!カッコイイ!!
『一緒に飛ばねーか!!』『Are you ready?~』
…だから~京セラドームはジャンピング禁止です。
(笑)
・We are SMAP
敬礼をして宇宙船に乗り込む拓哉。
・アンコール~Secret Summer~オリスマ~夜空
拓哉、剛、吾郎は一塁側からトロッコ出発。
オリスマ~リフトアップして手とお尻をフリフリ♪なんて可愛いの。
~山ほど"明るい"こと毎日あるけど~♪にずっと替え歌してる。
夜空で足でリズムをとるの。リボンリフターが一人グラグラする~。
・スーパースター~
分かり易い拓哉の生態系(爆)
最初は若い男の子を捕まえて踊ってました。その後、おばさまと…お辞儀をしてました。(笑)
(あまり突っ込まないでおきましょう!笑)
中居くんはいつまでもダンサー達と盛り上がり、トロッコが慌てて猛スピードで出発するというパターン。中居班が『速過ぎる~!』と叫んでました。


・KANSHAして~ありがとう~This…
近くなって気付く。衣裳が新しくなってる?
色合いはカーキ色で同じなんだけど皆変わってる?いつから?大阪から?
福岡はまだTVと同じだったの。名古屋も見たはずが…わかりません!
上着の脇に金色の飾りが付いてる。模様は葉っぱ?迷彩柄?
すごく優しい満面笑顔でピースしたり手を振ったり敬礼したりしてました。
…なんて可愛い…見とれているうちにまた出発して行ってしまいました。
『Everybody singin'!♪』マイクを差し出して皆で歌いました~!
三塁側から一塁側への猛ダッシュ!
拓哉のサービス精神って泣けてきます。
拍手~の時、膝をついてました。

『大阪ごっつい最高や!!』で、退場~。
・Wアンコ~フリバ~君色
三塁側リフター。
拓哉のTシャツに切れ込み発見!高まる期待!
三塁側で中居くんが紙を見て歌ってたら、拓哉がそっと後ろから紙を取り上げてイチャイチャ。『拓哉~俺それがないとダメなんだ。』と、中居くん。爆
帽子の上にポンと置いて、去って行く拓哉!(笑)中央でタオルを投げたらスタッフにいっちゃって、『もう一回?』みたいに人差し指を立てて笑ってました。…でももう一回も通路へ。(笑)
(その後、友人の友人がゲットしたと聞きました。
いい匂いがしたそうな…いいなぁ~。)

最後のシャツ引き裂きは拓哉が忘れてたのか、時間切れか、帰る間際にちょっと裂いて後ろ向きで普通に脱いでるし。(ワッツで言ってたように破ると着れないと思ったのか?)
ギリギリまで破れた状態で歩いてる拓哉を見たかったのに~。
もうちょっとエロエロ見たかったわって感じ。

最後『最高!』と言ってはけて行きました。

以上です。
メモ解読不能なところは妄想がめっちゃ入ってますので、正確ではありません!

m(__)m

れもより




レモちゃん、ありがとう

今回は会えなくて残念

今度は来年会えたらいいね



NEWSコンに行って来ました
今日はNEWSコン東京ドーム初日へ。

つい先日スマコンの会場だったドームの中央に

センターステージが作られ

メインステ上にはモニターが6つ

両側にも2つ。

すっかりNEWSのライブ会場に

様変わりしてました。


人数分のモニターには

6人それぞれの表情が映し出され

MCのときなど

ひと目で全員の顔が

確認出来るのが嬉しい

このモニター、是非々々

JUMPコンにも導入して欲しいです


そして

極めつけは

メインステに並べられた

6つのバルーン

これがゴンドラにメンバーを乗せて

何と、気球に早変わり

高く高く上がって

メンバーが3階席の目の高さまで来てくれる

何とも嬉しいサプライズ

広いドームの天井席でも

メンバーが身近に感じられ

とっても素敵な演出です


だけどやっぱり、JUMPには

ドームではなく

アリーナクラスの会場で

いつまでもライブをしててほしい

京セラは広すぎて

先日発売のライブDVDを見ても

今のJUMPの魅力を

存分に出し切れてなかった気がする

そう思うのは私だけ


押し合いへし合いの狭い会場で

すれ違うとき

抱き付き合ったり

ハイタッチしたり

オンブしちゃったりと

子犬みたいにじゃれ合うJUMPが大好きだから


いつまでも、今のまま

狭いお家の中で

無邪気にじゃれ合う

仲良し兄弟みたいなJUMPくん達で居て欲しいです












心に栄養
昨夜のラジオで流れたNYCの新曲、

何度も何度も聴いてます

どことなく昭和の匂いのするフレーズで

昔のアイドルを思い出すんですよね~。

JUMPの曲も

みんな平成生まれだというのに

昔のアイドル曲を手掛けた

馬飼野康二さんの作品が多いし

中高生だけではなく

オバサンにファンが多いのも

何となくうなづけます。

メロディラインが憶えやすく

すんなり心に入って来るのは

JUMPやNYCならではのこと。

モチロンそれは

大好きな子たちが

歌ってくれてるからなんですけどね。


先日、2年ぶりにスマコンに参加したら

封印していた鎖がほどけて

新たな気持ちでSMAPを見つめられるようになりました。

SMAPもJUMPも

両方違った魅力があって

どちらも大好きだってこと

再認識しました。


好きという気持ちって

きっと、たくさん持ってた方が

幸せなんだと思います。


心に栄養が行きわたって

豊かでいられる気がしますよね。





JUMP結成3周年
おめでとう~!

と言っても、3年前ワイドショーで見たときは

SMAPと共演したあのちっちゃい子たちがデビューするんだぁと

殆ど他人事だった私。



JUMPのファンになってから

あっという間に1年半。

JUMPの3年間という期間の

半分を一緒に過ごしたと思うと

何かそれだけで嬉しい♪



あっ

いま、NYCの新曲が

ようやくレコメンで流れた♪


2時間半待ちました

長っ!(笑)


2時間半の間に

1年半ぶりにストスマも聴いたし

(しかも中居→木村のキャッチスマ)

今日は色んな意味で記念日です。






SMAPコン 東京ドームオーラス MCレポ
スマコンオーラスMCレポです。


木村「身も心もあったまって来ましたでしょうか??

   ホントですか??

   確かめましょう。

   スタンド!!」


スタンド席「イエ~イ!!」


木村「アリーナ!!」


アリーナ席「イエ~イ!!」


木村「バンド!!」


~バンド演奏~


木村、耳に手を当て

演奏終わりと同時に「ジャ~~~~ンプ!!」


木村「ステージ!!」


床下から「オオ~~~~~~~~ッ!!!」


木村「あの~(メンバーとは)違う、男の声が聞こえたんだけど。

   ちょっと、確認してみていいですか?

   ステージ?」


床下から「イエ~~~~イ!!!」


SMAPの4人、床にマイクを当ててます。


木村「目には見えないんですけど、このステージの中に

   約80人の男がいるんです。

   そういう人たちが、ずっとうちらのステージを支えてくれてるんです」


モニターにステージの下が映し出される。


慎吾「裏方だから、映っちゃダメだよ!」


木村「この先長いんで、みんな1回座ろうか?」

観客、着席。

木村「多分、今回のツアー、今日の東京ドームをもちまして

   国内ツアーとしてはファイナルということで。

   まだまだ始まったばかりなんですが、

   今日はビックリするくらい、内容濃いです!

   気をつけてください」


メンバー、汗を拭き始めます。


吾郎「気持ちいいですね。5日目だよね」

木村「今までにないことを色々、SMAPやって来たけど

   東京ドーム5日連チャンって初めて。最高記録です!

   これもひとえに、ゴマするわけではないけど、

   来てくれる人たちがいないと5日間て出来ないんですよ。

   東京ドームでコンサートをやるとき、

   スタンドの上まで人がいるのはなかなかないんです。

   何て恵まれた環境に俺たちは居るんだ、って」


スタンドの2階席がモニターに映し出されます。


SMAP「しっかり見えてるからね~!」

吾郎「落ちないでね~」

メン「軽い角度があるね」

木村「みんなにも届くように、全力でやります!」


「メンバーに訊きたいんですけど、思ったより体軽くない?」

「何か中居くんの声も今日出てるし」と、剛。


中居の顔がモニターに大写し。


吾郎、中居に「今までノーミスですね!」

中居「何だ?この野郎。

   草なぎが攻撃して、

   このままだと攻撃される怯え?」

吾郎「俺、今日、カッコいいもん!」

中居「何?草なぎ。声出てるって」

剛 「いや、世界に一つだけの花で、声、通ってるなって。

   5日目にして、掴んだな!って」

中居「メロディを、音程を、つかんだ?」

剛 「いや、コツを」

中居「世界、7年歌ってんだよ?

   木村、体力的にどう?」

木村「今日始まって、やってみたら、あれ?っていうくらい出来る。

   本音を言うと、がんばりましょうがすっごく辛い」

吾郎「着物、重いし」

木村「最後だから気合入ってて、すごい早い。(←ダンサーさん?スタッフさん?)

   今までやって来て、ポップアップ一番飛びました!」

会場、拍手!

確かに「がんばりましょう」で床下から飛び上がったときの高さ、

ハンパなかったです!

吾郎「歌い出し、僕、歌わせてもらってるんだけど

   木村くんが横で“イケよ!イケよ!”って」

中居「で、どこ行った?」

吾郎「・・・がんばれよ!ってこと」

剛 「吾郎ちゃん、今日は凄い、踊りいいですよ!

   あ、吾郎さん、踊りいいじゃん!って」

吾郎「今まで20年間やって来たのに」

剛 「(今まで)大丈夫かな?って思ってたけど(今日は)踊りいいですよ!」

最初は訝しげだった吾郎ちゃん。素直に「ありがとう!」

慎吾「吾郎ちゃんて、踊りキビシイんだよ。

  (踊っている最中に)ぶつかりそうになると、“慎吾、どけよ!”(という目で見る)」

吾郎「伝わります?」

慎吾「振り付けて踊ってるときまでイラッとしてる」

吾郎「皆さん、笑ってるってことはそうなんでしょうね。

   それだけ真剣なんですよ」

いつもイジラレ役の吾郎ちゃん、

冷静に自分を分析して

すっかり大人。

これ以上誰も突っ込めない雰囲気です。


慎吾「最後だね~。北海道から始まって・・

   ワ~~~ッてやって来たね。

   札幌からずっと・・」

剛 「やっぱり、終わりは来るね」

木村「ん?」

剛 「終わりは来ちゃうんだね。

   明日からフツーになるんだね」

慎吾「明日から、フツーにドラマの撮影あるんでしょ?」

剛 「慎吾もスマステ、フツーにやってたね!」

慎吾「みんな(昨日)見てくれた? ここ終わって、コンビニスイーツ!

   明日はフツーにいいともやるからね」

木村「(昨日ライブ終わって)俺と慎吾がエレベーター一緒になったんだけど

   びっしょびしょで“ヤバイ!間に合わない。スマステ間に合わない。
 
   すぐ出ないと間に合わない”(←呪文のようにつぶやいてる)

   すごいな」

慎吾「終わっちゃうね」

木村「浸ってる場合ではないんだ」

慎吾「今日は&%$%で行こうよ(←聞こえませんでした)」

ここで中居くんオトボケ発言。「“終わっちゃうね”と“What's your name?”似てるね」

オワッチャウネ→ワッチャネーム

慎吾「あぁ~!久々に中居くんのことがヤダ!!」

中居「この流れであまり言っちゃいけないと思ったんだけど」

木村「言ってんじゃん!」

中居「ウケるかな~?と思っけど、そこそこウケた」


木村「国内ツアーとしては終わりだけど。中国語やった方がいいよ」

慎吾、中国語で「私は香取慎吾です」

剛 「みんな、勉強しようね!」

慎吾「次、行こうか?」

剛 「吾郎さんに今日は、曲紹介を!」

「ゴロー!」の声。

ダンスで!とリクエスト。

吾郎「じゃあ行っちゃうぜ。俺の曲紹介して、引くなよ!

   (ヘンテコなダンスをしながら)じゃあですね~(笑)

   We are SMAPを(メモにヤバイヤバイヤバイと書いてるけど記憶なし)

   聴いてください! Funky lude!」


ステージ裏にはけた5人の姿がモニターに。5人で乾杯。

剛、「最後まで行くぞ~!」と一人離れ、また戻って来る。

他4人はシラ~。

剛「今日は最後まで&%$%&・・」と言って自分の頭にドリンクを、ジャー!

4人呆れて、首を振りながらはける。


そして中居くんのソロへ。






SMAPコン オーラス アンコール後のレポ
スマコンオーラス、参加して来ました!

やっぱりSMAPは凄い!

あれだけの広さの会場で

ほぼメインステージに居るだけなのに

観客を惹き付け、

魅了出来るアーティストって

ジャニーズではSMAP以外にいないと思います!



感動のオーラス

先にアンコール後からレポします


いつものように、バンドやダンサーさんたちの紹介の後

スマたちがはけて行き

最後に中居くん、いつもは手のひらに書いてた顔の絵を

今日は白い軍手に。


そしてアンコールの曲は

お久しぶりのフリバ!


中居くん、歌詞の紙を見ながら歌ってたら

拓哉が紙を取り上げちゃって

歌えなくなってしまい

拓哉が見せると中居くん、

拓哉の肩に手をかけ「拓哉~」って言ってた(←気がする)

もちろんここが最高のツボ! みんな「キャ~~~!」

(このとき拓哉、Tシャツの胸が切り裂かれてたけど
 私、その瞬間を見逃した
 場内が明るくなったので
 ダッグアウトにゲストがいないか見てました


フリバの次は、君色思い。

拓哉、Tシャツ脱ぎました!


そして、一旦はけた後で

2度めのアンコール。


メインステージにWE ARE SMAPの地球の絵が現れて

その中にドアが5つ

扉から、白い衣装を着たSMAPが現れました。


木村「ほんとにほんとに、ありがとうございます。

   色々、経験して来て、色んな人と出会って、

   横にはこういう仲間がいて

   目の前には、形は少し違うかもしれないけど

   俺は勝手にみんなのこと仲間と思ってます。

   本当に、一人では何にも出来ないんで

   横にいる仲間とか、目の前にいる仲間がいてくれるからこそ

   出来るんだと痛感してます。

   これからも、ずっと仲間でいてください。

   宜しくお願いします」


吾郎「皆さん、今日は本当にどうもありがとうございました。

   今年のSMAPのライブ、皆さんが応援してくれる限り

   歌い続けますし(声に力を込めて)踊り続けます!(会場笑)

   $%#$(メモ出来ませんでした)けど、もう少し踊らせてください。

   皆さんのことが本当に大好きです。

   好きな人と笑顔で居られるのって、こんな幸せなことってないと思います。

   もっともっと%&%$#$%(メモ出来ませんでした)

   世界をもっと平和に&%$%&・・

   それではまた会う日まで」


剛 「皆さん、どうもありがとうございました。

   僕は本当に皆さんに迷惑をかけてしまいまして

   メンバーのこと、皆さんのことが

   大切な存在だと実感しました。

   僕の原動力は、メンバーがいてくれることと、皆さんの笑顔です。

   (ここで何か言い忘れたことがあったみたいで言い直すツヨポン)

   #$#%&が%$%&と痛感しました。

   これからも、僕らSMAP、そして草なぎ剛、

   大きなことに立ち向かっていくとき

   皆さんの&%$%&

   これからも%&%$%&立ち向かっていきましょう」


慎吾「皆さん、どうもありがとうございました。

   コンサートが出来てよかった。

   みんなと、SMAPのコンサートが出来てよかった。

   本当に、たくさんの人の力のおかげで

   SMAPのコンサートは作られています。

   どうして僕たちがコンサートするのか

   皆さんが来てくれるからです。

   皆さんが来てくれる限り、

   コンサートをやり続けたいと思います。

   今日は、最後の日という気が全然しません。

   これから新しく始まって、続くような気がします。
  
   また遊びに来てください」


中居「皆さん、ありがとうございます。

   ライブやってる3時間、4時間、

   皆さんにとって、生活してるといやなこととか悔しいこととか

   この4時間、色んな心のゴミを捨ててくれる、

   楽しいだけの時間じゃないかと思います。

  (ワンテンポおいて拍手が起こると)

   あ、大丈夫です(笑)

   さよならするときの辛い思いを忘れないでください。

   また会える日、もっと嬉しくなると思います。

   楽しい日が早く来るよう祈ってください。

   この瞬間はもう戻って来ません。

   短い時間になりますが、もう少しお付き合いください」


5人のコメントの後は

トキユメ。


そして、ファイナルは

祭りの最後にふさわしく

俺明日で弾けまくりました!


スタッフさんがステージにビニールシートを敷き始めたので

噴水でも上がるかと思ったら

最後は恒例のシャンパンがけ!


中居くんは黄色い帽子に水色のスモック、

幼稚園生のスタイルで現れて

ほっぺたは真っ赤。

シャンパンを頭からかけ合ったり

ビショビショになったステージの上でスライディングしたり

拓哉と慎吾が上半身ハダカになったと思ったら

何と慎吾はパンツ一丁、グッズのブリーフをはいてます!

中居くんもズボンを脱いで

上半身はスモック、下半身はグッズのブリーフ、

そして白いハイソックス(笑)

慎吾ちゃんのブリーフはびしょ濡れだったけど

下に黒いパンツを穿いてるようで、セーフ!(←何が)


最後にしんつよが残って

一言コメントしてくれたけど

来年も会おうね!とは言ってくれなかったのが

ちょっと心のこりかな。。。





SMAPコン 東京ドーム3日目 MCレポ②
続きです。


慎吾「つよぽん、いいとも行ってこっち来て疲れちゃってるの?」

剛 「いいえ、元気ですよ。全然。僕、元気がとりえなので」

中居「ジャニーズJrかい!」

木村「いいとも終わって来て、俺今日は1つやって来た!みたいな空気で廊下歩いてく」

剛 「そう?え~~知らなかった」

木村「ケータリングのご飯を、誰もいない部屋で

   “うんっ!うんっ!うまいっ!”(←がっついてる)」

会場笑

木村「最初、剛の声が聞こえて来て、メンバーが何人かいるのかと思ったら

   テーブルの一番奥の一番はじっこで “う~~んヤバイ!!”」

剛 「みんな、言わないの? 一人でご飯食べてるとき美味しい!って」

木村「言うけど、もっとボリューム低めじゃん!」

慎吾「(剛と)二人でご飯を食べに行くと“美味しい!”“うまい!”って。

   お店の人が凄く喜ぶの。

   帰るとき(お店の人が)“慎吾さん、味、大丈夫でしたか?”」←剛に比べて慎吾のリアクションがないため。

剛 「最近、草しか食べてなかったから。草生活ってのをやってまして。ライブ中なのに。

   詳しいことはまだアレなんですけど。

   あれ?中居くん、おはよう! 元気?」

中居「あれ?今日会ってない?

   今日初めて見たんですよ。稲垣さんも」

吾郎「一緒にリハーサルやりました」

剛 「中居くん、一人でいるとオーラがないね!

   噂によると、中居くん、東京ドームの警備員さんに止められて(←どもりながら)」

中居「もっとなめらかに言って。」

木村「電波障害(って感じ)」

剛 「僕自体がアナログなんで」

慎吾「6時台はアナログで、何時になったら地デジになるの?」(このへんメモ出来ずちょっと曖昧です)

剛 「あと20分くらいしたら」

ここから地デジCMの話に。

木村、手を上げ「俺、やりますよ」

剛、手を上げ「僕、やってますよ!」

中居「何?それ。口答えみたいなの。“やってますよ”って」

(このあたりもちょっとメモ出来ず)

木村「どうもすいませんでした。水に流して頂いて」


中居「ひとりごと言ってるのって、キテるらしいよ」

慎吾「そんなことないよ。ツヨポンはデキる人だもん!」

中居「もう色々いらないから、次の曲紹介して」

剛 「次の曲・・」

慎吾「いいから、悩むな!」

  「どういう方法って悩まなくていいから普通に行け!」

木村「じゃあ、東京ドームでは初めてですけど、

   僕らの音楽のナレーションで。BGM付きで」

剛、僕らの音楽風に。「2010年、WE ARE SMAP。

   続いての曲は久保田利伸さんに作曲して頂いた素晴らしい曲です。

   何で久保田さんはこの曲を作ったのでしょう。

   やっぱり才能のある方は違いますね。

   僕もいつかこういう曲を作りたいと思います。

   いいなぁ。」

木村「もう曲、終わったよ。

   しかも、いいなぁ~って何だよ!」

このあたりから剛、おかしくなり始め

「スマップ、1・2・3・4、

 スマップ・スマップ~プ!」とか奇声を発してヘンな行動が始まり

ガニマタ歩きしたり、暴走。

慎吾「曲紹介お願いします!」

ププププ!と慎吾のお尻を叩く剛。

歌が始まっても、拓哉にまとわりついたりと

フザけまくって止まらない


楽屋裏の映像でもおフザケは続いていて

ドリンク飲んで

吾郎ちゃんと一緒に「これからもお願いします!」









SMAPコン 東京ドーム3日目 MCレポ①

木村「いい汗かけてますか?

   スタンド!」


スタンド席「イエ~イ!!」


木村「アリーナ!」


アリーナ席「イエ~イ!!」


木村「東京ドーム!」


全体「イェ~イ!!」


木村「オーケー。バンド!」


バンド演奏。


木村「ステージ!」


吾郎ちゃんがモニターに。「あっ・・」

剛、力なく手を上げて「よっしゃ」


木村「いま、気付いたことがあるけど、いい?

   ステージ!って言ったら“オ~ッ!”って言ったけど

   俺、イヤモニで聞いててビックリ」

木村、もう一度「ステージ!」と叫んで

床にマイクを当てると

「オ~~~ッ!」の声が。


木村「俺、こんなに男がどこに居るんだろ?と思ったら

   ステージの中の人たち!

   中で俺たちのことをボン!って出してくれる人」

   
  「すごいね!ステージにいない人に拍手送ってる」

中居「支えてくれてるんだね。嬉しいね」

慎吾、神妙な顔つき、棒読みで。

「たくさんの人に支えられ、僕たちは$%$#$。

 SMAPにとって、みんな家族です」

最後に手を合わせる慎吾。

木村「そのコメント言うならもっと気持ちを込めた方がいいよ。

   しかもそれって“手”だろ!」

慎吾「1回座ろうか?みんな」

木村「大分、昼間の気温も、アホみたいな暑さが過ごしやすい温度になって来ましたけど」

会場はハンパない暑さとか、そんなようなことを言ってたような。(メモ取れず)

吾郎「どうやったら4時間汗をかかないかと」

木村「汗、かきたくないの?」

吾郎ちゃん、最近は天パーの自毛を見せてるから

ある程度、汗でチリチリの髪になっても大丈夫と発言。

木村「吾郎の髪見ると、時計見なくても3時間は過ぎたとわかる」

慎吾「昨日初めて知ったんですけど、吾郎ちゃんのトーク、福岡あたりだったと思うけど

   はけたときにメイクさん3人でドライヤーでやってもらってるって。

   昨日初めて知ったの。本当に3台!

   1200Wのドライヤーで3600W!」

吾郎「そうしないと乾かないっていうか」

中居「着いたら着替えないでドライヤーかける。

   鏡の前で頭いじり始めて(頬杖をつく)」

大きな扇風機の前に向かって涼しい顔をしてるとか。

吾郎「色々過ごし方が各々あって、楽しいんじゃないですか?」

中居「増えるワカメみたい。(水分含むと)どんどん増える」



吾郎ちゃんいじりが終わって

次は剛いじり。

MCはまだ続くけど

東京ドームに行く支度をするので

また後で・・。



   



SMAPコン 東京ドーム2日目 MCレポ②

慎吾「SMAPじゃない人がいる!」

中居くんのアップ。←オーラがない

中居「何だよ。偽SMAPだよ!」

剛 「1000万人突破したのに偽物じゃね~。偽物なのに良くここまで来れたね!」

中居「今、木村に勝てないと思って俺のことコケにしたな!」

中居「お前・・」と言いかけてやめる。

剛、中居ににじり寄り「歌の面では僕たち他のメンバーに助けられてるよね」

中居「何でこっち来るんだよ! チャックあいてるよ!」

チャックをしめる剛。

中居くんを仲間にしようと、歌ネタを持ち出し

FLYを歌い出すけど音程がいまいち。

「き・みは~い・ま~すぐ飛びたてる~のさぁ~♪」

中居「(剛が歌いたかった部分は)終わってるよ! 

   さ~みしい目をして~ありがとう~♪(←これも音程いまいち)」

剛 「・・・・・・ぜ~~~!!」

   (ここが剛の歌いたかった部分。FLYはここで初めて二人の歌が始まります)

中居「絵柄見て!(剛と中居の2ショット)地味だぞ!

   あっちの3ショット、見てみろよ!」

3人でカッコよく立つ木村・慎吾・吾郎。

中居「おい!稲垣。お前、こっちだぞ!

   ポーズ取ってんじゃねぇよ!」

話題は吾郎ちゃんの天然パーマネタへ。

中居「お前、その頭、ホントに頭の毛?

   全身つながってるんじゃねぇの?チリチリの毛」

剛、吾郎に「靴ひもが長いんだよ片方が!ちゃんと結べよ!」

中居「お前、いつもじゃねぇかよ!」

吾郎ちゃんの靴がモニターに大写し。

靴下がキラキラ光ってます。

中居「みんな白だろ?何で光ってんの?」

吾郎「言わなきゃわかんないのに・・・」

中居「何で銀なの?」

吾郎「仲良くしようぜ!」

中居、剛の方へ。

3人並んで「踊れなくて(吾郎)歌えなくて(剛)歌えない(中居)んだよ!」

中居「そもそも何で1000万超えたんだ? お礼言った方がいいぞ!」

3人揃って、木村と慎吾に「ありがとうございます!」とお辞儀。

中居「木村さん。歌、ありがとうございます。

   香取さん。可愛げ、ありがとうございます」

剛、木村に「男らしさありがとうございます」だの「月9、ありがとうございます」だの

慎吾に「あと、とんち!」だの色々言ってます。

中居「お客さんが、そろそろ木村にも話させろと言ってる」

木村、剛に「お前、最近、任侠ヘルパーの撮影してるからお辞儀が(任侠っぽい)」

中居「ちょっと拓哉兄さん。しちゃいますか?これ」

ここでなぜ話がこっちに向けられたのか記憶にないけど

木村「今日、森が観に来てるんです!」

会場、エ~~~~ッ!

中居「森進一ですよ!」←顔真似 

  「森くん、来てたんですよ」

木村「元総理じゃないですからね」

慎吾「森くんいたときはバランス良かったね~」

中居「あの時が一番楽しかったよね」

戸惑い気味の剛のアップ。

剛 「森くんのことは言わないって思ってたから・・言っちゃったの?」

慎吾「それに驚いてたのか!」

木村「別に隠すことないじゃん?」

中居くん、拓哉の後ろに回って並びます。

剛を一人残し、4対1。

剛、森進一の真似。

木村「お前、もう限界だよ!!」

剛 「僕を追い詰めたらダメだよ」

中居、剛にドリンクを飲ませ「あれ?これ日本酒?」

メンバーみんな手を挙げ、バツ!!

4人、メインステージの上へ。

剛だけ一人残り、土下座して自分の頭に水をかける。

中居「そこ、後で踊るんだよ!拭いといて!」

吾郎ちゃん、タオルを持って床拭きに。

剛 「いま、懺悔してるから」

慎吾「せっかくのビデオ撮り、どうなるの?

   あぁ~~~!!(泣)」

剛 「ごめん」

木村、タオルでせっせと床拭き。

慎吾「3カ月も4カ月もかけて作ったコンサートを

   記録に残す日なのに~~!(泣)」

中居「ビデオ撮り(滑って)転んだら最悪だろ?」

剛、ズボンがびしょびしょ。

パンツが透けてて連れて行かれる。

木村、本格的なぞうきんがけの体勢で床拭き。

剛 「ごめんね!木村くん!」

中居「みんなのためにやってくれてんだよ!」

慎吾「あぁ~~~~!!(泣)」

剛 「あぁ~~~~!!(泣)」


木村、床拭きを終えて「えっ?何かあった?」

剛 「何にもないです」

木村「何にもなかったよね?」

観客、拍手。

木村「何でそんなに汗かいてんの?」

慎吾「あ~!さすが木村くん!編集してくれた!」


木村「昨日、楽曲を提供してくれた久保田利伸さんが来てくれて

 すぐに出なくちゃいけないから、みんなにとワインを置いてってくれて

 “It was great show”って書いてあった。

 そんな久保田さんが作ってくれた曲、行きますか!」


We are SMAP!を歌い、はける5人の

楽屋裏の映像。

WE ARE SMAPのドリンク。

剛 「みんな、ついて来てね!」

しら~っとして去るメンバー。


そして中居くんのソロに続きます。







スマコン東京ドーム3日目
スマコン東京ドーム3日目に参加して来ました

仕事を超スピードで終えて、会社を早退

しかし…さすがにキツい

会社終わってスマコン行くと
1日が2日間に感じます

昨日のことが一昨日に思えるし
東京ドーム初日はもう、随分前の気がする

今日もセクシーなのに可愛い仕種をする拓哉を見ては
涼介を思い出し

侑李くんはどこかに来てないかとか
いつも山田知念のことが頭の隅にあったけど

一瞬、完全に2人のことが頭から消え去る出来事が

今日のお席、一塁側スタンド11列目

目の前に拓哉のトロッコが止まり

目線の高さがほぼ一緒の真正面

しかも、ライトも真正面から照らされ

拓哉とバッチリ目が合った

今までスマコンは
全部で60公演くらい参加したけど

スタンド1列目や、アリーナ最前列だった時でも
こんなに長い時間、拓哉と真正面から向き合っていられたことはありません

拓哉は曲が終わるまで、アリーナ席の方を振り返らず

終始こちらのスタンド席に目を向けてくれてました

たまたま私たち全員、拓哉担が横並びで

周りはペンラばかりだったから
「バーンして」「アッカンベーして」などのウチワを
見てくれていたのかも

でも、さすがドSの拓哉さん。
リアクションは全くしてくれず

拓哉がしたら
私たちもしたりと

必死のアピール合戦でした(笑)


MCレポは
明日、4日目の東京ドームに出かける前に書きます

もう眠い








SMAPコン 東京ドーム2日目 MCレポ①
あいにくの雨の中、

スマコン東京ドーム2日目に行って来ました。


昨日の様子が今朝のワイドショーで流れたようだけど

録画した番組をチェックする余裕もなく

会社を早退してソッコー、後楽園駅へ。


今日はドームの天井にカメラが飛んで

どうやらDVD撮りをするみたい。

映りこんだらどうしよ

ちょっと緊張。


MCで、今日がDVD撮りの日だということと

何と!森くんが来ていたという話をしてくれました。

メンバーがライブで森くんの名前を口にしたのは

脱退以来、初めてでは・・。



ちょこっとだけ、MCの最初の部分をレポします。



木村 「もう大分カラダは温まったでしょうか?

    ホントかい?

    確認します!

    スタンド!!」


スタンド席 「イェ~~~~イ!!!」


木村 「アリーナ!!」


アリーナ席 「イェ~~~~イ!!!」


木村 「東京ドーム!!」


全員 「イエ~~~~~イ!!!」


木村 「オーライ!

    バンド!!」


バンド演奏


木村 「一番肝心な、ステージ!!!」


剛、いきなりふられて「お、おぉぉ~」


木村 「悪いけど、みんな。このステージ上の人たちに教えてあげてください。

    東京ドーム!!」


会場「イェ~~~~~イ!!!!」


木村、苦い顔で「ステージ!」


剛 「イ、イエ~イ・・」


慎吾「はい、ちょっと、つよぽんがこれから怒られるんで

   (観客に)座ってください」


木村「昨日も記念日だったけど、今日も記念すべき日なんですよ!」


えっ?なになに?と会場ザワザワ。


木村「いま、行われたパーティの模様が、DVDになります!!」


会場、キャ~~~!!


木村「いま、言った瞬間、何人かいましたよ。」←髪を直し汗をふいて顔を整える真似

吾郎「大丈夫大丈夫」

慎吾「みんな、ヤバイよ! 鼻の下の汗、すごいよ!」

拓哉もタオルで汗をふいてます。

剛のアップがモニターに。

剛 「昨日、1000万人突破して、ありがとうございました」

会場、拍手。

慎吾「1000万人突破から、次のステージに進む1回めなんだよ!みんなが!」

シ~ン・・。

慎吾「放送事故? いけないこと言った?」

木村「みんなそれぞれ思うところがあるんじゃないの?

   自分たちを求めてくれる人が1000万人いたという、

   人数だけじゃない、気持ちが、あったと思うと

   気持ちが熱くなりますが

   今、ステージ上だから、何かをしたときに拍手してくれるのは

   普通のことだけど

   人が人に拍手をするって、凄いことですね」


会場、拍手。


木村「個人的には、こういうことは、スミャップのときは

   本気でやろうと思ってなかった。

   舞台(盲導犬のことですね)を経験して、人に拍手をもらってからです。

   ありがとうございます」

慎吾、剛に「つよぽん!」と振る。

剛 「エライね~!」

慎吾、剛の言葉にムカッ(?)

剛 「別に、木村くん怒ってないじゃん!」

慎吾「エライって何? 上から目線!」

剛 「木村くん、エライなぁ~と思って」

ここで、すったもんだの後。

剛 「木村くん、エロいときある」

吾郎「剛の味方するわけじゃないけど、今日の木村くん、エロい!」

剛 「木村くんのアゴとか、ちょっとエロいよ!」

木村、剛に「エラで呼吸しろ!」

剛 「何だよ!月9バカ!」

木村、剛に「寿命短い!」(←???良く聞えず)







もう眠いので

また後日




SMAPコン 東京ドーム初日 MCレポ
JUMPのDVDをフラゲして

リピする暇なく、今日はスマコンへ

明日あさっては会社から直行だから

しばらくの間、観れません


スマコンが始まる前に

サマリーで何度も通ったJCBホールの

上にあるレストランで

2年ぶりのスマ友たちと集まって楽しくお喋りして

その後、会場に入ったら

偶然、昔なじみのスマ友たちが同じCブロックにいて

感動の再会


JUMPファンになってから

連絡取ってなかった人とたくさん会えて

それだけでも感激だったのに


ライブも超~盛り上がりました


2年ぶりのスマコンは

4時間という長丁場だったにも拘わらず

中だるみもなく最高に楽しかったです


同行した友達は

札幌・福岡・大阪・名古屋全て参加したけど

いつも熱狂的な大阪よりも

今日の東京ドームが一番盛り上がったそうです

本当に、会場が一体となって

熱気に溢れたライブでした


JUMPコンはいつも若い子のパワーが凄くて

圧倒させられるけど

今日のスマコンは5万人規模のドームで

JUMPコンと同じくらい会場のパワーが溢れてたから

かなりの迫力でした


見渡す限り、年齢層が高く

同世代の人ばかり

オバサンパワー炸裂

やっぱりここが

私の居るべき場所なのかな

なんて思ったり。。




MCだけ、レポします。



世界に一つだけの花が終わって

MC突入。

モニターにSMAPの昔のコンサート映像が

順番に映し出され

観客動員数の数字がカウントされて行きます。

懐かしい森君の映像もあり。

私が初めて参加した

超無限大翔からは

見覚えのある映像ばかりで

ドリスマ~MIJに至っては

つい最近という感じ

そして最後に

「SMAPコンサート観客動員数1000万人突破

Thank You!」の文字が現れ

アリーナに金色のテープが飛びました!(ロゴはなく無地でした)


拓哉 「色んなことがあったり 色んなことがあったり 色んなことがあったり・・

    けども!」

慎吾 「4人だったり 6人だったり」(笑)

拓哉 「が、しかし! 今日この東京ドームの皆さんを持ちまして

    1000万人を突破させて頂きまして

    ありがとうございました!」

会場、ワーーーー!と歓声

拓哉「口に出すと単純な数字になりがちなんですが

   1000万人 感謝してます ありがとうございました!」

慎吾「吾郎ちゃん 色々あったね!」

吾郎「ホントです。ずっと昔の若い頃のVTRが流れて

   ウラスマのとき、僕はいなかったな とか。

   5人でこうやってやれて

   これからもずーっとずっと

   ひとつのキズナ、縁だと思うんで

   これからも宜しくお願いします」


剛 「色々あって・・

   皆さん、草なぎ剛です。

   心配をおかけしました

   1000万人突破のステージに立ててること

   $%#に思います

   こうやってライブで会うたび

   みんなも僕も成長して行けたらと思ってますので

   是非とも応援お願いします」

ここで「座る?」の声があり

観客、着席。

慎吾 「皆さん、座ってリラックスした中で見てください。

    今年もコンサート成立して良かったです。

    毎回、コンサートを作る過程で

    どんだけスマップ嫌いになるか!(笑)

    支えは来てくれる皆さんです。

    みんなのこと考えながら毎日過ごして

    これどうかな?

    ありえねぇー!みたいな。(ライブ構成は慎吾ちゃんが考えてます)

    そんな中で、今年も出来て本当に良かった。

    いつまでもやりたいです、コンサート」

会場、イエェーーーイ!!

慎吾 「SMAPに、負けません!」とガッツポーズ。「さあ、中居くん」

中居 「今日、どなたか来られてるんですよね?」

慎吾 「東京の公演が今日からスタートして

    その後、上海公演が決まりました。

    初めての海外です」

拓哉 「ドラマや映画で共演して下さった方々

    そして皆さんが会場に来て下さってるんですが

    僕らが上海でコンサート出来るように

    はからってくださった方で

    中華人民共和国の%$#$%・・大使の

    チョウヨンホンさん(?)が来て下さってます」

(モニターにそのナントカ大使さんが映し出されます)

SMAP 「上海公演よろしくお願いします!」

観客も含めてみんなで「お願いします」を言おうということになり

観客もみんな立って後ろを振り返り「ありがとうございます!」

慎吾 「お客さんが後ろに頭下げてるの初めて見た!」

中居 「お尻向けられるのってあまり気分いいものではないですね」

拓哉 「そんなことないです。バンバカのときは最高でしたよ!」

メンバー含み笑い?

中居 「どうしたの?何かあったの?」

慎吾 「サンバのダンサーさんたちがいる真ん中に座って・・」

水着のような衣装を身に付けたダンサーさんたちの中で

慎吾が身じろぎもせず座る様子を再現。

慎吾 「1000万人突破の日に、スケベはないだろ!」

中居 「お客さん?見てる?香取くんの?」

慎吾 「僕がサンバのダンサーさんを見てる。

    この高さがちょうどいいんだ」(目線がちょうどダンサーさんのお尻の位置)

拓哉 「あの人たちって楽屋裏では礼儀正しいのに

    ここに男の人が座ってるのに

    あたしのこと見てると思った瞬間!

   (慎吾の目の前でお尻フリフリ)こうですよ!」

慎吾 「絶対、さわらないように(手を隠して)こうやってる。

    やだ!!

    今日、こんなトーク、やだ!

    1000万人突破のときに」

拓哉 「しかも今日、大使まで来てるのに。

    ホントに上海まで呼んでいいのかな?って(思ってるかも)」

大使におじぎする拓哉。

拓哉 「札幌、福岡、大阪、名古屋。

    色々やって来たんですが

    今日、1000万人 我々SMAP

    初心忘るべからず!

    われら、SMAP、まだまだ止まりません!

    Can'tStop!」


1000万人突破記念に

デビュー曲の「Can't Stop」を歌って

会場は大盛り上がり!



そして中居くんのソロに続きました。




  

ライブDVDフラゲの日
日付変わったから、もう今日です


JUMPのライブDVD、フラゲの日


楽しみ楽しみ楽しみ楽しみ




DVD発売のお知らせがあったとき


安さに目がくらんで、さっさとア○ゾンで予約したんだけど


発売日の15日って、スマコン東京ドーム初日なんですよぉ


DVDが届くまで、気が気じゃなくて


とてもじゃないけど出かけられません




仕方ないから


近所のCDショップにも予約しちゃいました


フラゲすれば今日の夜には確実に見れるもんね


もしもア○ゾンの方が先に届いてたらショックだけど




サマリー終わっても


なかなかスマモードになりきれなかったのは


JUMPのライブDVDで頭がいっぱいだったせい


早く、カワイイあの子たちの


歌って踊る姿を見たい




明日(今日)は仕事もうわの空だぁ きっと



NYCの新曲
NYCのメッセージ動画で紅白のことを言ってたけど


今年も紅白に出るには、新曲出して


ヒットさせなくちゃ無理だよね~と思ってたら


翌日の突然の新曲発表にビックリ


これってやはり


紅白出場を前提にしてのことなのかな。。



紅白に出ると知名度上がるし


ファンも増えると思うけど


NYCだけがひとり歩きをして


JUMPが置いてけぼりになったりしたら


凄く悲しいな。



もちろん、私はJUMPの中でも


やまちぃが一番好きなわけだけど


10人の中で、


年少なのにカッコつけたり


優しかったり、大人だったり


可愛がってもらったりしてる2人が大好きだから。



紅白に出るとしたら


Hey!Say!JUMPとして出て欲しいけど


今はまだ、個性を磨いて力を蓄えるとき。


いつか揺るぎない力を身につけて


実を結ぶときのために


あまりに早く開花しないことを祈ります。






JUMPと一緒に。
SMAPコンIN東京ドームまで


あと1週間を切りました。


交換も全て終わって


そろそろチケット放出の始まりかな。




スマコンのチケットは


スマ友同士の交換が基本だから


10回ライブに行きたければ


3口申し込めば十分。


みんな、スマファンとしての誇りを持ってて


何故か年齢に関係なく大人だし


ネチケットもちゃんとわきまえてて


会ったことのない人とでも


スムーズに交換が成立します。




去年、JUMPファンになったばかりで


まだヲ友達もいなかった頃、


掲示板でチケットのやり取りをしたら


ドタキャンや突然の音信不通の嵐に


本当にビックリしました




1年半経った今は


ネットワークも少しは拡がり


ヲ友達同士の間で


交換や譲渡も出来るようになったけど




全く知らない、見えないJUMPファンの人と


信頼関係を築けるようになるのは


もう少し先のことかなぁ。。




侑李くんが、duetで言ってたこと。


嵐が国立競技場でライブが出来るのは


嵐のファンの人たちが


近隣に迷惑をかけない、


会場内でのルールや交通ルールも守れるって


信じてもらえてるからこそ実現してる。



そして、


ボクたちも、嵐と嵐のファンみたいな関係になりたいな。


いっしょに大人になっていきましょう、と。




こんな発言する侑李くんて、


凄く、凄く大人だと思う




JUMPがあんなに頑張っているんだもの。


JUMPを応援していることを


誇れるようなファンになって


みんなで成長して行きましょう




サマリー2010 8/29オーラス前半レポ③
真紅の後は

山田・知念がステージに残り

「さぁ、NYCは」

「YとCだけではありませんよね!」

「優馬、おいで!」

優馬が登場。

先日までプレゾンをやっていた優馬。

「ということは、サマリー合わせて100公演!」

「こうやって3人揃うことはなかなかないことですし・・」

いつもの「やっちゃいましょうか?」

3人で、NYC。


優馬がいるNYCは、ロングバージョン。

キスミーベイビー♪で

涼介、優馬の首に手を回し

耳に口を付ける?真似?

侑李くんは3人揃うと

必ず最後にヘンなダンス。

優馬と涼介も合わせて踊り

すごくコミカルでカワイイの~

「最後はみんなで跳ぼうぜ!!」

侑李くん、最後に手をナナメ上に上げたのは

何のポーズかな。


To heartは、この日も京本くんはいなくて

安井&アンダーソン。

FIGHT ALL NIGHTは

へなちょこの北斗に釘付け。

腰パン?が見えてカワイイ。

この後アリーナに降りて

台の上で一生懸命お手フリしてて

めちゃくちゃキュート。


薮くん登場。「君たちは一体何者なんだ!?」

健人「僕の名前はデュラン・マッケイだ」と物真似。

縄張り争いしてるという健人に

風磨は「NY、NY~!」

訊かれてないのに「趣味訊いてんの? NYで入浴!」という風磨に

「コイツ、誰だよ!」と言う薮くん。

風磨「争いはやめよ~よ兄さん!!」

薮「だから、こいつ誰??」

「夏休みの宿題やったの?もう8月も終わるぞ!」と言われて一斉にはけるジュニアたち。


第3バルに光くん。

「光です!」

エンパイアステートビルを「は~ちじゅうねんまえに、ひゃ~くにかい」と説明する光くん。

謎かけは前回と同じ。

「エンパイアステートビルとかけて美術館と解きます。その心は階が(絵画)たくさんあります」

「お~!」と言われて「ヒカッチです!」と唇を突き出し

「だから、薮ちゃん、投げチューちょうだい!」とタクワンの声。

薮「何で俺がお前に投げチューするんだよ。俺、ファンの子にもしないんだぞ!」

しぶしぶ投げチューする薮くんに

光「20歳、若返った~!」

薮「あ~寒い~!」とぶるぶるっ!


同じく第3バルに裕翔。

裕「薮くん!僕も投げチューほしい!」

自由の女神のたいまつの部分が純金で出来てるという豆知識。

薮「ここだけお金かかってるの?」

裕「ここだけ、ピコーッ!て」

川柳披露。「僕たちをとりこにしちゃうね女神たち!」

「オシャレな川柳だね」

第2バルコニー。

車いす席に立って「ハ~イ!」と手を振る侑李くん。

知「セントラルパークは凄いですよ」

薮「どういう場所なの?」

知「年間2500万人の人が来るんです」

薮「そんなに来るの?井の頭公園くらい?」

知「代々木公園くらいですね」

薮「都会なんだね!ごめんね。その他は?」

知「ハリウッド映画にも使われてます」

薮「知念はこの後予定があるんですか?」

知「ミッドタウンに行って来ます。NYが本場なんですよ」

薮「ミッドタウンに行って、何するの?」

知「美容院に行って、レディーガガみたいにします!」

薮「ダメ!」

知「こんなんで(ハイレグの真似)ダメ?

  今度から僕、JUMPのコンサートでやろうかな?」

薮「似合うかもしれないけど、ダメ!」

知「あんまし似合いたくないわ~」と言って

手を振りながら退場。


第2バルに、いのちゃん登場。

「今日はお客さんじゃなくて薮くんにインタビューします。

 プリップリのエビチリとプリップリの僕、どっちが好きですか?」

薮「キモチ悪~い!」

伊「それ、傷つくよ

薮「プリップリの伊野尾さんで」

伊「やったーーー!!!」

薮「何が嬉しいんだよ!」

伊「みんなも、プリップリになっても、い~の」

会場「オッケー!!!」

薮「良くないぞ!」

伊「杏仁豆腐、食べに行くから」

薮「チュルッチュルのな!」


第1バルに涼介。

薮「5番街の山田~!」

客席にインタビュー。

山田「じゃあ、あなた!」(いつも2列目の端の人)

「ヘイセイジャンプの夢旅行は楽しいですか?」

「とても楽しいです」

「ちなみに僕の背はどう思いますか?」

「気にすることはないと思います」

「優しいね!」

「何たって、知念くんのウチワを持ってますから!

 知念を全否定することになりますからね!」

「頑張ります!」と言って涼介退場。


第1バル。大ちゃんが優馬を連れて登場。

優馬、プレゾンCDの宣伝。

カメラにアップが映し出され「優馬、カメラ近い近い!」

お客さんにインタビュー。

ダッフィーを持った中年(?)の女性。

「何のショーを観に来たんですか?」

「サマリーを観に来ました」

ヘイセイジャンプがカッコいいという話?から

「僕もカッコいい男の子のうちに入ってますか?」←カミカミの大ちゃん。

「可愛いです」

「奈良からNY、遠かったでしょう?」


薮「いっちょう暴れちゃおうぜ!」

スリルとGET!!

ベストとセブンの掛け合い。

すぐ真下に侑李くん。

キャーと歓声が上がり

第2バルの通路に龍太郎。

可愛くお手フリしてました。ハイタッチはなし。

アリーナでは光が伊野ちゃんをお姫様だっこ。

龍ちゃん、もうアリーナの台の上。

ベストとセブンの7人、ステージに上がり

龍太郎の頭のてっぺんをパサパサ叩く光くん。


綱渡り。

これが最後と思うと

本当にドキドキ。

もしも、最後に失敗したら

今までの努力が全部水の泡になるような気がして

絶対に絶対に、足を踏み外すことのないように

祈る気持ちで見守りました。


大ちゃんも、涼介も無事成功、

全てやり遂げたその笑顔は最高です。

でもすぐに演技に戻って

大ちゃんに挑戦的な言葉を投げかけ

綱の上から飛び降りた涼介。

「知念どこやった!!」の迫真に迫る演技が

最高にカッコいい~~

最後に真正面からお顔を見ることが出来ました。


空中ブランコ。

全く危なげない演技をする侑李くん。

それでも梯子を上るときは

いつも足を踏み外さないかとドキドキです。


青い衣装の外人さんは

空中ひねりの演技を失敗、

ネットに落ちてしまったけれど

その後の2人VS1人で空中で交差する演技は大成功。


侑李くんの最後の演技は

大成功!

胸に手を当て

笑顔でフーと息をつく侑李くん。

お手々にマメをこしらえて

きっと凄く痛かったでしょうに

頑張り抜いて本当に偉かったね。

マメが出来たにもかかわらず

客席を通るときには必ずハイタッチをするサービスぶり。

侑李くんのプロ根性には本当に頭が下がります。

NINNINに出ていた、あのちっちゃかった侑李くんとは

全く別人と思えるほど

成長したその姿に心を打たれて涙が出ます。


ステージに降りて

「ありがとうございます」と会場の3方向に

笑顔でご挨拶。

そしてターンを8~9回、

最後にバック転&バック宙!

本当に本当にお疲れ様でした。


遊びたい盛りの男の子が

夏休みのほぼ全期間を費やして

こんな偉業を成し遂げるなんて

本当に素晴らしい。

全神経を集中させてこの公演に臨んだ

君たちの強い意志と

ファンを思う優しい心は

語り継がれて

近い将来、JUMPの名前を

きっと偉大なものにすると思います。

いつか

「君と僕で夢を掴み取る」

その日を信じて

応援し続けます。





オーラス後半のレポは8月29日の記事へ。。







サマリー2010 8/29オーラス前半レポ②
大ちゃん登場。

「わっはっは! 俺の名前は

 ダイキンマンダブルゼットウルトラスーパーデラックス!

 お前らのことなんか食べちゃうぞー!」


「19歳にもなって、何やってんの?」


「ヤダ!ハズカシイ!」


いつもの身長ネタの後、

タクワン登場。


大ちゃん「すみません!あの・・」と言いかけると

タクワン「いいよ!アルゼンチンの空港だね!

     乗りな!黒とピンク」

大「ピンクじゃなくて有岡大貴です」

タ「タピオカバイキン?」と、大ちゃんの顔をペロペロ。

大「光くんの声に似てますね!」

タ「似てないよ! 似てないって言ってんだべさ!」

大「チャックを開けたら光くんが出て来るんじゃないですか?」

タ「あんなカッコいい人出てこないって~!」

空港に到着。

大「助かりました。お金はどうすればいいですか?」

タ「お金はいらないから投げチューして」

大ちゃんと慎太郎、投げチュー。

タ「20歳若返った~!」


JUMPとわんちゃんたち登場。

ハードル跳び。侑李くんはあけちゃんを抱っこして。

いつもは1つ目か2つ目で挫折するのに

この日は頑張って跳んだけど、あと2つというところで倒してしまい

「最後だったのにぃ~」と残念そう。


ジュニアが登場。

WAになっておどろう~勇気100%

涼介、ソロダンスの前に

ビックリしたように目をばっちり見開いて超キュート。

勇気100%でアリーナへ。

涼介、お立ち台のスノプリに

ハイタッチしようとしてフェイントかけて

からかってる

龍太郎との絡みも超カワイイ~

ステージの上で二人、ほっぺたペチペチ叩きあい


薮くんソロのあとは

雄也くんのなわばしごフライング&ダンス。

この日はハ~ハ~息をついて

「もっと来いよ・・」と言った後、

はにかむような笑顔を見せてくれました





明日また続きを書きますm(__)m








サマリー2010 8/29オーラス前半レポ①
サマリーが終わったら

何だかとっても寂しくなって

去年のスク革とか少クラとか

急に激リピし出してます

侑李くんがめちゃくちゃ可愛くて

たった1年前の映像なのに

もう切ないくらいの思い出になってます



気が付くと

オーラス前半のレポがまだ手つかず

とりあえず途中まで・・。



サマリー2010、千秋楽。

泣いても笑ってもこの日が最後。

3Dも、オープニングの登場シーンも

どれもみんな見逃したくなくて

最初だけはメモを取らずにじっくり見ました。


健人が涼介を紹介。

涼介「楽しんで行こうぜ!」

続いて「ラスト盛り上がって行こうぜ!」と侑李くん。

もちろん慎太郎と優馬も参加。


フライングは

10人全員、とびっきりの笑顔!!

あんなに弾ける笑顔は初めて!!

みんなの思いが伝わって

胸にこみ上げるものがありました!!


フライングが終わって着地して

3・2・1とカウントした指を

雄也くんにぶつける涼介。

この光景を見るのも最後。


はね太鼓。

4組全員押し倒しあり。

涼介が左足を

侑李くんの足にかけた瞬間、

「やったぁ!」と内心小躍り。


殺陣のシーン。

アリーナに降りてベストVSセブンの一騎打ち。

伊野ちゃんをまたぎ飛び越える侑李くん。

そしてステージに上がり側転。

しっかり目に焼きつけました。


Time も DREAMER も

これが最後。

涙が溢れて止まらない・・。


わんちゃんたちの芸を見るのも

最後だと思うと凄く寂しい


侑李くん、大ちゃんに

「ちっちゃいとこが(あけちゃんに)似てる」と言われ

「そうかい?」


雄也くん、大ちゃんに

「高木も早く掛け算出来るようになるといいね!」と言われ

「そうだね。6の段くらいから怪しいね!」と言った後、

小さな声で「ウソです」 ←カワイイ


伊野ちゃん&すみれちゃん

この日も超~元気にピョンピョン跳ねるすみれちゃん!

大ちゃん「すみれちゃんはワンパクですね!」


薮くんはいつもの重大発表の後、大口開けて

お口を閉じると、大ちゃん「よくできました~!」


あけちゃんに「ワンダフルですね!」と言った大ちゃん

この日もみんなに「エッ??」と訊き返されて2度連呼。


光くんと家康くん

「よし、来いッ!」で家康くんが光くんに駆け寄る予定が

プルプルプルっ!とやったので、光くんずっこけ。


大縄回しは、雄也くんと伊野ちゃんで。

あけちゃん、家康くん、あやちゃん、ぼたんちゃん、こうめちゃんの5匹(だったかな?)

最後、誰も伊野ちゃんのとこに来なくて

床を叩いて悔しがる(?)伊野ちゃん。

大ちゃん「伊野ちゃんの方にも行ってあげてね~」


ぼたんちゃんの玉乗り。

「玉」にかけて

いつもの伊野ちゃんと大ちゃんのダジャレ連発。

「玉だけに!」を力いっぱい言う伊野ちゃんに

会場爆笑。


行進。

侑李「アルゼンチンに行って来ます!」←普通に。

圭人が「イギリスにレッツゴー!」を元気に叫んだら

何故か場内爆笑。

圭人のキャラじゃないみたい?

裕翔「ボク、ニホンニイッテキマシタ」


JUMPバンド。

この日は光がポンパじゃない代わりに

裕翔がポンパ。


涼介のダンス。

「し~っ!」のところで指立てて

「みんなのこと、離さないから!」

会場は、キャ~~~~~!!!

あんなカワイイお顔で言われちゃったら

オバサンだってノックアウト

もう一生、離れませんから


バック転のあとは

アジアの夜。

そして最後のハンモックアクロ。

どうか無事に終えられますよう

祈りながら

最後の最後まで

一瞬たりとも目を離さず見守りました。


バルーンの中から侑李くん登場。

片手で華麗に側転をして

スノプリの子に旗を渡し

「ラブパレード」を歌います。

フライングのとき

前日の夜中の2時にようやく完成したウチワを

胸に掲げて待っていました。

目の前を通り過ぎるとき

ちょうど背中を向けていて

あぁ~またダメだと思ったけど

願い(執念)が通じた?のか

カーブでくるりと向きを変えて

こちらに視線を向けてくれました!!


心がすっかり綺麗に洗われるような・・

幸せな時


スノプリの歌のあと、

大ちゃん登場です。


続きはまた。





Copyright © 出逢えたこの奇跡~Born In The EARTH. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。