FC2ブログ
SMAPと出逢い、共に過ごした15年。そして今、Hey!Say!JUMPと出逢えたこの奇跡。全ての出逢いに感謝して彼らを応援して行きます。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サマリー2010 初日1部レポ④
続きです。


休憩中、スタッフさんたちがアリーナに現れ

ステージのあちこちからバルコニーの手すりにロープを張ったり

大がかりな作業をしていました。



そして20分が経過し後半へ。


後藤くんのバイオリン。


スノプリ10人の歌。(慎太郎は不在)


見上げてごらん星の数を~♪という歌詞


スノプリがダンスする中、メインボーカルの子(誰?)の歌


ピンクの衣装を着た大ちゃんが登場。


大ちゃん「君たち、歌も踊りも上手いんだね!!
     僕、みんなとはぐれちゃって、空港に行かないといけないんだけど・・(噛む)」

スノプリ「もう間に合わないよ。だって身長小さいもん!」

大ちゃん「君たちに言われると凹むなー」

スノプリ「タクシーで行くといいよ。大きい声でタクちゃ~ん!と呼べば来るよ!」

大ちゃんが呼ぶと、わんちゃん(レトリバー)が黄色いタクシーを運転して現れる。

わんちゃん「ユー、乗っちゃいなよ!!」

大ちゃん「犬に似てますね」

わんちゃん「ほんとは猫なんですよ!」

大ちゃん「ネコバスならぬ、ネコタクなんですね!空港まで安全運転でお願いします」


ジュニアがハードルをたくさん持って登場。

わんちゃんたち、ハードルを飛ぶ。


第一バルコニーの通路にジュニアたちがわらわらと現れアリーナへ。


樹たちHIP HOP JUMPの6人がステージでダンス。

 世界を手玉にとって ・・・ 宝物さがして ・・・しようぜ ♪ 


「JCB2010便がサマリーゲートより出発します!」


♪輪になっておどろう♪


 圭、山、知、高、龍、光、裕、?の8人が
 
 白いシャツ(襟と胸ポケットに黒いライン)にGンズで登場。


ピ~~~~ッ!と笛の音。

警備員の姿の薮くん登場。

JUMPのみんな、動きがストップ。


薮「こら!お前ら何やってんだ!ここは空港だぞ!」と言ってアリーナ左手へ降りて行き、

客席の一人に「あっ!こんにちは。あなたはどこから来たんですか?東京から?近いのね」

 「どんなお客さんがいるのか取り締まっちゃうぞ。」

アリーナをあちこち移動してお客さんに訊いて回る。「東京が多いですね。聞き甲斐がない」

お客さんと目が合い「いま目が合って、ヤベ!って言ったでしょ?」

 「京都から?舞妓はんですか?」

わんちゃんを抱っこした大ちゃんが登場。

薮「犬は禁止ですよ!」


JUMPのみんな、まだ静止した状態のまま。


大ちゃん「犬じゃありません!お父さんです!」←ソフトバンクの。

薮「もう1回、みんなで踊ろうぜ!」


♪勇気100%♪


ジュニアたちも一緒に踊り、会場はノリノリ。

でも客席はみんな座ってるのでちょっとヘンな感じ。


JUMPメンがみんなアリーナに降りて行き

客席にボールのプレゼント。


「飛行機だ!!」の声でみんなはける。


ジュニアのコーナー。


京本のソロ。「To Heart」

B・Iの歌。 そうさ僕たちは愛し合うために生まれて来た・・・♪


(ジュニアたち、喧嘩の演出)


増田りょうくんの歌。



モニターに「BEST VS SEVEN」の文字が現れ

ベストとセブンが交互に「スリル」と「GET!!」を歌う。

ベストはシルバー、セブンはゴールドの衣装。

第3バルコニー右手に高木が現れ

第1バルコニー左手に知念。

第2バルコニー右手に光。

第3バルコニー左手に裕翔。

第1バルコニー正面右に、再び高木。


↓ここからのメモは不明瞭

山 アリーナ S

いの 大 アリーナ右

ちねん アリーナ 左

圭人 左

大ちゃん 第1 正面右

りゅう 第1 左

いの アリーナJ 右

アリーナ→ 圭、ち、山、い、高、大

薮、りゅう あとで来る ステージへ



山田、知念、龍、圭人の4人がメインステージへ。

ワンダーランドトレイン。

龍ちゃん、ダンスの後「し~~っ!」

龍太郎と誰か?が殴り合うシーン。


ジュニアマンションで

光が太鼓、裕翔がドラム。


ステージの左右に梯子があり

右に大ちゃん

左に涼介が登って行く。


ステージの左右に渡ったロープ(ケーブル?)の上を

長い棒を持って歩き始めた大ちゃん。


まさかの綱渡り!!!

高さは2mくらい?

観客は息をのんで見つめます。


危なげながらも無事に渡り切り

会場から大きな拍手が。


次は涼介。

慎重な足どりで歩を進め

途中ぐらつきながらも

3分の2ほど渡ったところで

ジュニアが棒を受け取ろうと手を伸ばします。


なかなか棒を渡せない涼介。

棒を渡すとバランスが取れず落ちそうになる?


2度めのトライで棒を渡した涼介。


2~3歩踏み出したところでバランスを崩し転落。


上手く足から降りたので

ケガすることもなくホッとしたけど


涼介、とても険しい顔つきで

口元をぎゅっと結び

悔しさをこらえているようでした。

正面からその表情を目の当たりにして

見ているこちらもこらえきれず涙が溢れました。




長くなったので、一旦、送信します。





スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 出逢えたこの奇跡~Born In The EARTH. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。